トップメッセージ

安全・技術・マナーの向上を追求し続けてきた、「足場専門」のパイオニア

 当社は設立当初より、安全で高品質な足場を組むためには、意識も技術も高いレベルを有する「人財」の育成が必要不可欠だと考え、「安全・技術・マナー」の向上を第一に人財の育成に力を注いできました。
 安全面では、クサビ業界で初めて全施工スタッフの参加を義務付けた「安全大会」を毎年開催し、安全作業に一切の妥協を許さないことを徹底的に周知・浸透させています。技術面では、全国一貫した社内教育システムと技能検定制度を構築し、スタッフ全員が高い水準を保てるように努めています。また、現場周辺にも細かく気配りし、お客様に安心していただけるように挨拶など基本マナーの教育にも力を入れています。
 こうした地道な取り組みをお客様に評価していただき、年間約22,000棟以上の足場施工を手がけるようになりました。
 これからも業界トップレベルの「人財」を育成し、より安全で高品質な足場を提供していくのが、当社の使命だと考えています。

より高品質な足場を、より多角的に。建築物をトータルサポートするソリューション企業へ

足場の施工 販売レンタル事業 ソリューション提供

 当社は、設立以来長年に渡り、国内初のクサビ式緊結式足場であるビケ足場の施工をコア事業とし、一般住宅から中層・大型現場まであらゆる現場を手がけてきました。しかし昨今では、多種多様な足場が開発されており、「お客様の真のニーズを先取りし、提供する」という当社の経営理念に則した足場を取り扱うことこそ、真の意味でお客様にお応えすることになるはず――。そのように考え、2014年3月末に、長年所属した「ビケ会」(*ビケ足場工事を行っている全国の企業が集まる任意団体)を卒業しました。今後は、より多彩な足場を取り扱う企業として、さらなる躍進を目指して参りますが、その新たな取り組み姿勢を示すのが、「CCS」(Cubic Combination System)です。
 仮設機材を最適な「付加価値を組み合わせる」ことで付加価値の高い独自のソリューションをお客様に提供して参ります。既に騒音や建物へのダメージを最小限に抑え、公共工事にも対応可能な「NEWファステック」など、時代のニーズに合わせた新たな足場システムを取り扱いをスタート。さらに、トータルにお客様のサポートができるよう、販売・レンタル部門を立ち上げ、より多くのお客様のニーズにお応えできる体制づくりの強化に取り組んでいます。

企業情報

このページのTOPへ